医療者直伝!手荒れしない手洗い+ハンドケア法

 「最近、なんだか手がカサカサしているかも?」・・・このように感じている方はいらっしゃいませんか?

新型コロナウィルス予防のために、一日に何度も手洗いをしなくては行けない今日この頃・・・どうしても、手の乾燥や手荒れを起こしてしまいやすいのです。

 手荒れを予防するには、手洗いの仕方に気をつけることと、手肌をきちんとケアしてあげることがとても大切!一日数回ハンドクリームを塗っておけば、手洗いをこまめにしていても、しっとりモチモチの手をキープできますよ。さらに、いい香りのクリームを選んでマッサージすれば、心も癒やされ、手の疲れも取れて、まさに一石二鳥!

 今回は、手荒れを起こさないための手洗いのポイントと、効果的で心も癒やされるハンドクリームの使い方をお伝えします。

こちらの記事では、手荒れを予防してくれるオススメのハンドクリームをご紹介しています!↓

1:「手洗いの回数」が増えると、手荒れしやすい!?

 実は、「手荒れ」は、私たち外科医や手術室ナースの大敵!なぜなら、手術のために一日に何度も石けんで手を洗ったり、アルコールで手指消毒をしたりするからなのです。

 あるアンケート調査*では、医療従事者の80パーセントが手荒れを自覚していると回答をしていますが、私自身も油断しているとすぐに手荒れしてしまうので、毎日のハンドケアが欠かせません。

(*参考:サラヤ株式会社調べ:https://shop.saraya.com/hygiene/category/handcare.html

 では、なぜ、手洗いや消毒の回数が増えると、手荒れを起こしやすいのでしょうか。それは、洗浄力の高い液体石けんで繰り返し手を洗ったり、アルコールで何度も手を消毒すると、皮膚を保護している皮脂が洗い流されてしまうからなのです。

 皮脂が失われると、肌内部にある保湿成分や水分も流れ出てしまい、皮膚の乾燥が進んでしまいます。乾燥が進み、肌を守っている「バリア機能」が下がってしまうことで、乾燥がさらに悪化してしまいます。どうすると、ヒビやあかぎれになってしまったり、炎症を起こしたり、菌が入り込んで感染を起こしてしまって「ひどい手荒れ」を起こしてしまうのです。

 そうは言っても、今の時期は感染を予防するためには、一日に何度も手を洗わざるを得ない状況ですよね。けれども、手荒れを予防するためのポイントを押さえて、手洗いやハンドケアをしていただければ心配はいりませんので、ぜひ、試してみてくださいね。


2:「手荒れしない手洗い」3つのポイント

① お湯で手を洗わない

熱いお湯で手を洗った方が、消毒効果がありそうなイメージがありますが、実はこれは逆効果!油は熱いお湯で溶けてしまうので、手の皮脂が洗い流されてしまいます。そうすると、皮膚の乾燥が進んでしまい、手荒れの原因に・・・。

手を洗うときには、水かごく低い温度のぬるま湯で洗うようにしましょう。

② ハンドドライヤーは使わない

 温風で手指を乾燥させるハンドドライヤーは、指先を乾燥させてしまうので、避けた方が無難です。外で手を洗ったときは、ハンカチやペーパータオルで手を乾かすことをおすすめします。

③ 乾かす時にタオルでゴシゴシとこすらない

 タオルで手を乾かすときはゴシゴシこすらず、タオルで優しく手を包み込み、押すようにしながら水分を拭い取りましょう。感染防止のために、水分の拭き残しがないようにすることもポイントです!

続きを読む
1 / 2

現役外科医、元報道記者の「プリンセスの歴史マニア」。 歴史上のプリンセスの人生を通して「女性がハッピーに生きる知恵」を発信中。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。