• HOME
  • BLOG
  • NEW
  • オードリーの愛の名言に学ぶ、ベストパートナーの見つけ方

オードリーの愛の名言に学ぶ、ベストパートナーの見つけ方

②2人目の夫 自由と愛を謳歌する華やかな医師、アンドレア・ドッティ

 

その後、オードリーはエーゲ海のクルーズで出会った9歳年下のイタリア人医師・アンドレアと電撃的に結婚します。

アンドレアは、明るく楽天的な性格で、女心をくすぐるのが上手なロマンチックな男性・・・。さらにルックスも良く、伯爵家の子息で資産家と、女性にモテる要素満載の男性だったのです。しかも、華やかなイベントやパーティーが大好きで、結婚前から女性とのウワサに事欠かないプレイボーイでもありました。

彼は抱きしめてくれる人なの

愛する人と結婚して、

その人の人生を生きたいと願っています

 甘くロマンチックな大恋愛の結婚でしたが、結婚直後から暗雲が立ちこめます。彼はとにかく女癖が悪く、オードリーは常に夫の浮気に悩まされることになったのです。

 ところが、今度こそ結婚をなんとか維持したかったオードリーは、自由を謳歌したい夫の希望をくんで「一切、束縛をせず相手を自由にする」ことを、約束していたといいます。

この頃にオードリーが出演した数少ない映画「ロビンとマリアン」より。息子が大ファンだったショーンコネリーとの共演だったから・・・と出演したとか。

愛があれば、浮気なんてできっこない。

誰であっても同じよ・・・。

「開かれた結婚」なんてものは、

けして上手くいかないのよ。

お互いがもう相手を愛していないのなら、

しかるべき決着をつけなくちゃ

もしも、夫が女性に望んでいるものを

私が与えられず、

彼が他の女性を求めるのなら、

私は潔く身を引きます。

未練がましく騒ぎ立てたりはしません

 やがて、オードリーは2人目の子供を出産、映画の仕事を辞めてローマで主婦業に専念します。

オードリーは、どんなときも機嫌良くいられるように心がけ、居心地の良い家庭を作ろうと懸命に努力をします。

ところが、アンドレアの女遊びは収まることはなく、ますますエスカレートし、なんと自宅での浮気まで発覚・・・とうとう、オードリーは二回目の離婚という悲しい決断を下すことになったのです。

相手を心から愛していれば、

全てがうまくいくと

誰もが希望を持つでしょう?・・・

でも、いつもうまくいくとは限らないのよ

 夫の一方的な要望であっても、心から愛しているからこそ、なんとか叶えようと努力し、懸命に結婚を維持しようとしたオードリー。

けれども、お互いに心を寄せ合うことができず、大切にし合えない関係に疲れ果て、51歳の時に10年間の結婚生活に終止符を打つことを決めたのです。

続きを読む
2 / 3

現役外科医、元報道記者の「プリンセスの歴史マニア」。 歴史上のプリンセスの人生を通して「女性がハッピーに生きる知恵」を発信中。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。